– SHINJI NAKANO –中埜真司

関西営業企画部。

この業界に入った理由

元々、オフィスに座ってやる事務のような仕事は嫌でした。

色々と考えていると花やグリーンに関わる仕事がしたいと思うようになりました。

自宅の近所の花屋でアルバイトをして、そろそろ就職をしなければと思いホームページを見ていたらユニバーサル園芸社が募集をしていたので受けました。

採用が決まり、初めは観葉植物のレンタルをしている部署で植物のメンテナンスや交換などの経験をして、そこから営業に移動となり現在に至ります。

植木屋特有だと思いますが店舗や商業施設に置かれている植物やディスプレイが気になります。

3歳になる娘も植木を見ると「これはお父さんの仕事?」と聞いてくれます。

それが嬉しいですね。

好きなグリーン&フラワー

仕入れてくる植木ではなくて、自然な樹形の植木が好きです。

力強く、一つ一つが独特な樹形に惹かれます。

仕入れてくる植木もキレイなのですが、同じような樹形が工業商品の用に見えてイマイチなんです。

弊社では仕入れ担当が日本各地、さらには海外の生産者から直接仕入れることで様々な樹形の植木を仕入れています。

その中には、わたし好みの面白い樹形のものが多数あります。

そんな面白い植物たちを見るたびにユニバーサル園芸社に入って良かったと感じます。

今の仕事内容

主に新規開拓の営業とルート顧客の営業を行っています。

オフィスを中心として、商業施設や店舗など幅広く営業をしています。

基本的には大阪地域が担当ですが中国地方や四国、九州などにも納品などもあることが特色です。

社内ではモチベーションを落ちないように環境づくりを心掛けています。

2年目の女性社員には行動、進捗の確認をしながら独り立ちをしてもらうために様々なことを教えています。

新入社員には社内の基本的なルール、書類作り、営業のやり方などを一緒に同行するなどして教えています。

営業は外に出たら基本的には1人なので、事務所などでみんなでいる時は色々な話をしたり、聞いたりして楽しんでいます。

お客様へ

弊社の植物の質やボリューム、メンテナンス力は本当に自信を持っています。

さらには他社にはない、珍しい植物や特殊な植物も多数用意しています。

特に弊社の「魅せるメンテナンス」は本当にスゴイです。

一度、弊社を利用して頂き、その技術の高さを確かめて欲しいと思います。

経歴

2003年 株式会社ユニバーサル園芸社に入社。