2016年7月28日

DELIVERY OF PLANTS大型商業施設への納品

当社で10年以上営業をしている中埜さんが昨年、大阪府四條畷市にオープンした商業施設に納品した内容を聞いてみました。

今回の商業施設はどのような経緯でお話があったのですか?

先方様からのお話ではなくて、工事が始まる前から情報を集め、こちらから営業をさせて頂き、契約させて頂きました。

今回、納品させて頂いた商業施設は全国にある商業施設なんです。今までも他の施設にではお話はさせて頂いたのですが、なかなか条件が合わずに他の業者さんに決定することが多かったです。

今回は久々の地元、大阪でオープンということで今まで以上に思いを入れてお話をさせて頂きました。その熱意が伝わったのか、前向きな話で打ち合わせをさせて頂くことになりました。

打ち合わせはどうでした?

オフィスや店舗の場合は担当者の方ととわたしだけ、2人で打ち合わせさせて頂くことが多いですが、今回は大型商業施設のオープン。 先方様からも施主様と内装担当の方、設計会社の方など、毎回わたしを含めて4~5人もの人が集まっての打ち合わせでした。

5回以上はさせて頂きました。

施主様と設計会社様でのあいだでも意見の食い違いがあったりと、大きな商業施設ですから様々なことが起こっては、それを私たちで調節したり本当に大変でした。 でも、色んな意見があったからこそ、毎回内容の濃い打ち合わせをさせて頂くことができました。

納品は大変でした?

そうですね。 現場では、わたし達の植栽以外にも他の工事が進められていましたので、スケジュール管理が大変でした。

スケジュール通りに進めてくても、どうしても他の工事の影響を受けてしまいます。 図面では穴を空けて頂くことになっていたところが、まだ空いていなかったり、幅が10cmと聞いていたところが実際は15cmだったりと、その度に確認をして作業を変更して進めていきました。

スケジュール通りに進まないときもありましたが、なんとかみんなの頑張りで当初の予定通りに納品をさせて頂くことができました。

納品を終えての感想は?

こんな大きな施設のオープンに関われたことを誇らしいと思います。

営業として素直に嬉しいですね。

でも、これからです。納品だけでは終わりませんから。 これからは納品した植物のメンテナンスをサービスのみんなにもお願いをして、この状態をずっと守って頂けるようにしていかないと。

これからもよろしくお願いします。