2017年7月12日

Vriesea carinataオオインコアナナス

今回は鮮やかな色と形が特徴的な「オオインコアナナス」について、ご紹介させて頂きます。

オオインコアナナスとは

花苞と花弁がインコの頭に似ていることに由来するオオインコアナナスは、花苞の美しいアナナス類の代表種です。 筒状の葉の中心から伸びた花茎の先の苞が特徴で、色はピンクや赤、黄など、とても鮮やかです。 花穂は長く肉厚で、花茎が分岐し、多くは筒状の葉があって水が貯められるようになっています。種類により苞の大小があり、小型の多くは木に着生しています。

お花

春から秋に、苞の間に紫や青、黄色などの小さな花が咲きます。花の鑑賞期間は数か月ととても長く、開花時期は種類によって異なります。3,4年もすれば花を咲かせますが、花が咲かない場合などには、エチレン、エスレル処理を行うと開花を早める可能性があります。アナナスの仲間はエチレンガスによって花芽分化する性質があります。 園芸では、パイナップル科のエクメア属、クリプタンサス属、グズマニア属、チランドシア属などをアナナス類としています。アナナス類は、一度花を咲かせた株は二度と花を咲かせないので、花が咲くのと前後して株元に子株が発生します。子株は若い頃に挿し芽をしたり、根があるものは株分けする事ができます。

花言葉

「私にとってあなたは最愛の人です」は、ストレートで力強い愛情を花の鮮やかな色にたとえたのではないかと言われています。 「たくわえる」はアナナス類に共通しており、葉が基部で重なり合い筒状になって、茎や葉筒に水を貯め、水分を葉の付け根から補給する性質からつけられています。

育て方

日当たり

耐陽性が強い観葉植物です。強い光を嫌い、長時間日光にさらされると、葉焼けして枯れる場合があります。 生育期の春から秋は、葉の軟いフリーセア属、グズマニア属は、やや弱い光線の方を好むので直射日光を避けた明るい所で育てます。葉の硬いエクメア属、チランドシア属は、やや強い光線を好むので強い日差しを避けた半日陰で育てます。秋の最低気温が15度を下回ってきたら、室内へ入れ、冬は5度以上のレースカーテン越しなどの明るい所で管理します。冬を越えると、葉先が少し枯れたり、古葉が枯れたりする事があります。葉先の見かけが悪い場合は、ハサミで形を整えます。極端に葉色が悪かったら、根腐れしているかもしれないので、5月から6月頃に必要なら株分けを兼ねて植え替えるとよいです。

お水

水を好むため、土が乾ききる前に水やりをします。空中湿度を好み、葉からも水分を吸収出来るので、暖かい時間帯に霧吹きで葉に葉水を与えるとよいです。乾燥に強いため、少し乾いても問題ありませんが、高温期に乾燥するとハダニが発生することが目立ちます。株の上から水をかけてあげると、たまった水の入れ替えにもなるので良いです。春~秋は株に水をかけて筒状の葉の間に水をためておきますが、冬は室温が下がる場合、水はためずに鉢土が乾いたときに土だけに水を与えます。

肥料

春から秋まで暖効性の化成肥料や液体肥料などを葉と葉の筒状部分に与えます。葉からも養分を吸うので、液肥の1000倍液を葉に散布すると効果があります。その際、水が筒に溜まらないように注意してください。また、白い模様のあるタイプは与え過ぎると緑化してくるので注意してください。

色鮮やかで美しく、とても印象的なので、お部屋に置けば一気にスタイリッシュな雰囲気になります。しかも育てやすいので、すごくおすすめです!

基本情報

科名
パイナップル科
属名
インコアナナス属
名称
オオインコアナナス〔Vriesea carinata〕
別名
ポエルマニー
原産地
熱帯アメリカ
花言葉
私にとってあなたは最愛の人です、たくわえる、大切な気持ち、など
誕生花
1月10日、12月30日