2017年7月31日

Dracaena reflexa ‘Song of India’ドラセナ レフレクサ ‘ソング・オブ・インディア’ 

スタッフの岸本です。今回は樹形が独特で存在感のある観葉植物「ソング・オブ・インディア」を紹介させていただきます。

ソング オブ インディアの属するドラセナはアジア、アフリカに約40種あり、高木状または低木状で葉は細長い笹のような形か幅広で、剛直なものもあればしなやかなものもあります。色鮮やかな種類も多いのでとても人気のある観葉植物です。種類にもよりますが、他にはない色合いや個性的な樹形が洗練された空間を作り出してくれるでしょう。

ドラセナの花言葉は「幸福」「真実さ」「永遠の愛」「幸せな恋」「隠し切れない幸せ」「開運」「長寿」など、幸せに関連した言葉が沢山つけられているため、インテリアとしてだけでなくプレゼントやお祝いにも人気があります

ソング・オブ・インディアの特徴

名前の通り歌い踊るようにくねくねと自由に曲がる幹と剣のような形をした葉が特徴的です。葉の外側にきれいな黄色の縦縞模様が入っています。幹が柔らかく葉が垂れ下がるため、上品な印象を与えます。比較的ゆっくりと成長するので、こまめに剪定する必要はなく、自然と伸びる樹形を楽しめます。

育て方

日当たり

耐陰性はありますが明るい場所を好みます。春~秋はベランダなどの屋外へ出して光に当てても良いですが室内から屋外に出す際は徐々に場所を移し光に慣らしながら移動させてあげてください。直射日光や強い西日は葉が焼けてしまうため避けてください。適度な光を浴びることで葉のつやがよくなり黄色の斑も鮮やかになります。

温度

寒さには弱いので、できるだけ温かい場所で育ててあげてください。 適温は25℃前後、最低気温10℃は必要です。

お水

春~秋は鉢土が乾いてからたっぷりと与えてください。乾燥するときは葉水も与えると良いです。冬は鉢土が乾いて2、3日おいてから水やりをしてください。朝の最低気温が20℃を下回ると徐々に水を吸わなくなるので少しずつ水やりの頻度を減らします。冬の水のやり過ぎは根腐れの原因となるので注意してください。

肥料

春~秋は2ヵ月に1回緩効性の固形肥料を鉢土の上に置いてください。 冬場は特に肥料を与える必要はありません。

病害虫

乾燥するとハダニやカイガラムシが発生しやすくなります。霧吹きなどで葉水を与えて予防してあげましょう。

飾り方

風水的には上に伸びる観葉植物は「活発な気(良いエネルギー)」を出すと言われているため、飾る場所としては気が停滞しやすい部屋の隅などがおすすめです。ソング オブ インディアは葉の縁に黄色が入っているので金運アップにもつながるとされています。さらに白色のものと合わせると恋愛運が上がるとも言われています。
白い鉢に入れるととても爽やかな印象になります。濃い色の鉢に入れて飾ると葉の縦縞模様が際立ち、ポップなインテリアにも合います。お好みの鉢と合わせて、さらに植物の魅力を感じてみてください。

基本情報

科名
リュウゼツラン(キジカクシ)科[Asparagaceae]
属名
ドラセナ属[Dracaena]
名称
ドラセナ レフレクサ ‘ソング・オブ・インディア’ [Dracaena reflexa ‘Song of India’]
原産地
マダカスカル、モーリシアス諸島
花言葉
「幸福」「幸せな恋」