コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

当社では、コーポレート・ガバナンスを株主の皆様をはじめお客様、取引先、地域社会など、すべてのステークホルダーの信頼と期待に応え、株主価値、顧客価値、従業員価値の総体である企業価値の最大化を図るための経営統治機能と位置付けています。

この基本的な考え方に基づき、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応し、経営の効率性、透明性を向上させ、内部統制の仕組み、コンプライアンス体制の充実を図ることを、経営の重要な責務であると認識しています。当社は、経営環境や市場環境の変化に的確かつ機動的に対応するべく、取締役会の活性化と機能強化に努め、今後もコーポレート・ガバナンスの整備に努めていきます。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

当社は、株主総会を会社の最高意思決定機関として、株主総会の選任による取締役で構成される取締役会を、当社の事業全般の意思決定機関と位置付けています。当社の取締役会は4名(社外取締役はおりません)で構成され、法定事項の決議、重要な経営方針・戦略の策定及び決定等や、営業活動及び予算の進捗状況を確認するとともに、業績見通等について検討し必要な施策を講じるほか、当社の経営上重要な事項については積極的な討議を行うことで活性化と相互牽制を図っております。

また、当社は監査役制度を採用しており、監査役会では、内部監査室及び会計監査人から適時適切な報告を受ける他、往査時の立会等を通じて十分な意見交換を行っており、透明性を確保するとともに、独立性確保の前提のもと、当社の経営に対する適正な監視、監査機能を果たしております。

コーポレート・ガバナンス概況図